都会の癒しスポット!?屋上緑化のメリットとは

最大のメリットは断熱効果

屋上緑化の大きなメリットは、建物の断熱効果です。屋上は建物の中でも直射日光を最も受けるポイントなので、屋内を涼しく保つには屋上の断熱が重要なのですよ。屋上緑化を行えば、植物が「緑のカーテン」となって、直射日光を遮ってくれます。また、植物は二酸化炭素を吸収して酸素を放出する光合成を行っていますよね。これにより、地球温暖化対策ともなります。今後は温室効果ガスの削減に努めなければならないので、屋上緑化の需要も増すでしょう。

建物を保護する効果もある

屋上緑化には、建物を保護する効果もありますよ。紫外線や酸性雨などは、建物の建材にダメージを与えます。屋上緑化を行えば建材が直接紫外線や酸性雨を浴びるのを防げるので、建物の寿命を伸ばせます。また、夏冬の寒暖差も建材にとってよくありません。寒暖差は建材の膨張と収縮を発生させ、これを繰り返していくうちに建材にひびが入ってしまうこともあるんです。植物には寒暖差を和らげる効果もあるため、建材の劣化を防げますよ。

人々の憩いの場となる

屋上緑化は、都市部に緑があることで癒し効果をもたらします。ビル街の一角に緑地があれば、確かに目の保養になりますよね。緑化したスペースを公園などとして開放すれば、人々の憩いの場となりますよ。また、緑があることは、人間だけでなく鳥や虫にとっても良いことです。屋上緑化によって鳥や虫の新しい住処を作り出せます。ただし、害鳥や害虫も寄ってくる可能性もあるので、害鳥や害虫が好むような植物は避けて植えるようにしましょう。

屋上緑化とは、ビルの屋上に植物を植えたり畑を作ったりする事です。日が良く当たって植物が育つメリットと、植物を植える事で温度の上昇を抑えられる効果があります。