結婚式の価値観の変化?指輪と思い変わりゆく風習

指輪の変化?時代に伴う変化

結婚式の場で交換される結婚指輪。この結婚指輪で最も頻繁に使用されている宝石といえばダイヤモンドですよね。ですが、値段の都合もあって、最近では誕生石を婚約指輪にする事も増えて来ているようです。この他にも、日本においては結婚指輪と婚約指輪は別々に渡す別個の物と成っていますが、少し面倒ですよね。そこで海外においては、この二つの指輪の役割を同時に果たすタイプの物が誕生しているそうです。こうしたように時代とお供に結婚に伴う価値観もまた大きく変化していると言えるでしょう。

ダイヤ&誕生石?結婚の場で輝く宝石

高額な宝石と聞かれ真っ先に思い浮かんで来る物といえば、ダイヤモンドですよね。自然界の中において最も固い物質である事から永遠の愛の象徴とされ、結婚指輪に好んで使用されています。ですが、結婚指輪にどのような宝石を使用するのか、もっと言えば宝石自体を使用しなければ成らないという決まりはなく、そうした観点からいうとダイヤを使用する必要はありません。ですから結婚指輪に誕生石を使用する場合も多いようです。自分が生まれた月の誕生石を身に着けていると、お守り代わりに成るという伝承から誕生石が結婚指輪に使用される事が増え始めたようです。

永遠の象徴?象徴としての永遠

日本において結婚指輪として好まれている金属はプラチナですよね。こうした風習が生まれた最初の頃は、婚約指輪として鉄製の指輪を贈っていたそうです。その後、金やプラチナといった指輪を婚約指輪や結婚指輪として贈る事が一般的に成っていったようです。こうした金属は時代によっての劣化が少なく、ダイヤと同様に、変わる事がない永遠を連想させたので、こう言った特別な指輪として使用されている事が多くなったようです。こうした変わる事がないという特徴が永遠という現象の象徴として見られるので、永遠を望む場において使用されているようです。

結婚指輪は特別なペアリングです。二人が満足できるように、デザインにこだわって選ぶことをおすすめします。