女性が気を付けたい!結婚式ドレスの注意点

自分の身体に合ったものを選ぶ

花嫁が結婚式で着用するウェディングドレスを選ぶ場合、自分の好みだけを前面に押し出すのは危険です。人間の身体は人によって特性が異なりますので、趣味で選んだウェディングドレスが似合わない場合もあるのです。そのためウェディングドレスには多様な「型」が存在しており、デザイン性だけでなく様々な体形に合うものが考案されているのです。ドレスサロンでウェディングドレスを選ぶ場合、自分一人の意見を通そうとせずに同伴者の意見を取り入れるようにしましょう。

身体に合う「型」とは何か

ウェディングドレスにはどのような「型」が存在しているのでしょうか。例えばマーメイドラインと呼ばれるものであれば、背が高い花嫁が違和感なく着こなせるのです。マーメイドのようにすらりと伸びているシルエットが身体全体の美しいラインを引き立ててくれます。またお腹周りの脂肪が気になる人であれば、エンパイアラインのドレスを購入しましょう。エンパイアラインであれば胸の下が詰まっていますので、お腹のラインがあらわになりません。妊娠中の女性にとっても嬉しいウェディングドレスです。

全体像以外にも存在している種類の違い

ウェディングドレスの型は全体像だけでなく、ネックやスリーブ部分にも存在しています。例えばオフショルダーと呼ばれるネックの種類を選べば、鎖骨を美しく露出する事ができますので、デコルテに自信がある方はそうしたネックの種類を選ぶようにしましょう。逆にデコルテを隠したい方であれば、アメリカンスリーブと言う鎖骨部分を隠す袖のあるドレスを選ぶと良いでしょう。結婚式は一生に一度のセレモニーです。100パーセント女性の魅力が発揮される一着を選ぶ事が大切です。

結婚式の二次会など、カジュアルな雰囲気のパーティーならミニドレスがおすすめです。会場の雰囲気が華やかに盛り上がります。